痔の治療法は、大きく2つに分けられるでしょう。 ・保存療法 ・外科的療法 保存療法(安静にするというのも、立派な保存療法の一つです)とは、手術を行わずに痔を治療するという方法のことです。 痔といえば手術のイメージが強いかもしれないですが、症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が軽い場合は手術ではなく、保存療法から始めることが多いでしょう。 専門医から排便に関する助言を受けたり、塗り薬・坐薬・内服薬(飲み薬のことをいいます。一緒に飲むものや食べるものによっては、体に良くない影響を与えてしまうこともあるので注意が必要です)を使用して治療を行います。 症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が重くなければ、この治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)で痔が治るはずです。 痔の症状が重い場合や保存療法(保存的療法ともいい、出血を伴うような治療法を選択しないことをいいます)で治らない場合は、外科的療法での治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)が行われます。 外科的療法というのは、いわゆる手術や注射による治療のことを言うのです。 外科的療法としては、注射療法(糖尿病では、インスリンによる注射療法が欠かせないことも少なくありません)・ジオン療法(様々な利点がある治療方法ですが、一時的な副作用が起こる可能性もあります)・凍結療法・輪ゴム療法・PPH法・ICG併用半導体レーザー療法などが代表的でしょう。 この中で多く使用されるようになってきたのが、ジオンという新薬を使用した注射療法(疾患の改善以外に、脂肪を溶解したり、ヒアルロン酸を注入するなど、美容目的で行われることもあります)で、症状によっては手術せずに痔を治すことができます。 入院日数も2日〜3日と短く、入院しなくていいこともあるようです。 それに、専用の機械を使用して手術を行うPPH法やレーザーで治療を行うICG併用半導体レーザー療法(痔の治療でも使われることがありますが、取扱い病院が少ないのが難点です)と言った新たな治療法も注目されていますー